安住紳一郎の英語力は?英語の発音は?英語勉強法は?

タレント

今回は男性アナウンサーの安住紳一郎について英語を中心に紹介したいと思います。

安住紳一郎のプロフィール

「安住紳一郎」の画像検索結果

出身地:北海道帯広市
生年月日:1973年8月3日
学歴:明治大学文学部文学科
活動期間:1997年-

 

安住紳一郎の英語力は?

「安住紳一郎」の画像検索結果

安住紳一郎の英語力について調べてみました。

(安住紳一郎)ちょっと照れがあるから。まだ・・・本当はね、英語、流暢なんですけど。流暢な発音は出さずにね(笑)

『オニオンクランチホットドッグ、ワン、プリーズ』みたいなことを言ったんですね。通じねえかな?みたいな。そしたら、通じたみたいで。あ、よかった!と思ったら、出てきたのがただの、ノーマルな何ものっていないホットドッグが出てきちゃって。『あらら?ふざけんなよ!』なんて。『俺がたのんだのと違うよ!』って思ったんだけども、ちょっとやっぱり咄嗟の英語が出てこない。

(中澤有美子)咄嗟の(笑)。

(安住紳一郎)言い返すフレーズが出てこなくて。『Thank you』なんて言われちゃって。『テンキュー!』なんて言っちゃって。

安住紳一郎はニューヨークに仕事で行った際に、英語を聴く力はあるのかなと思いました。

安住紳一郎はアナウンサーなので、英語もある程度勉強しているのでしょう!

しかし、いざ話すとなると、英語でなんて言えばいいのか分からないということが多いようですね!

(安住紳一郎)たしかに。役に立ちたいっていうんだけど、でも英語が通じなきゃいけないよね。そりゃあね。私もなんか外国の方に道を尋ねられて、「きちんと答えてあげたい」みたいな気持ちがあって1回、「Follow Me!」って言ったことがありますね。「私についてきて!」って、遠回りをしちゃってね。結局ね。なんか辛かったな。

(中澤有美子)送り届けてあげた。

(安住紳一郎)送り届けたっていうか、うーん……でも向こうは「なぜ説明してくれないんだ?」みたいな感じだったんだけど、「まあ、いっか」みたいな。「Follow Me!」って。

安住紳一郎は優しい性格なので、外国人の抱えている問題を英語で解決してあげたいと思い、通じるであろう簡単な英語表現「Follow me」を言いました。

結局、遠回りしてかなり時間ロスしたみたいで辛かったんですね。

英語で道案内できる英語力はないみたいですね!

 

安住紳一郎の英語の発音は?

「安住紳一郎」の画像検索結果

安住紳一郎は英語の発音について調べてみましたが、情報は得られませんでした。

しかし、どうやら安住紳一郎は英語がペラペラに話せるということではないようです。

そのため、安住紳一郎の英語の発音はあまり上手くないようです。

 

安住紳一郎の英語勉強法は?

「安住紳一郎」の画像検索結果

安住紳一郎の英語勉強法について調べてみました。

安住紳一郎は過去にニューヨークに仕事で出張に行ったことがあります。

その際、ホットドッグ屋で英会話が通じなかったことがあったようです。

(安住紳一郎)帰り、すごいプライドずたずたにされて帰ってくるみたいな。でもね、私は負けてませんよ。次の日。3日目の朝ももう一度同じホットドッグスタンドに行きました。今度はちゃんとホテルで勉強して。もし間違って出された時には、『It is wrong! I didn’t order it!』って言う練習をしてね。

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)『It is wrong!(これは間違っている』。ロングね。w-r-o-n-gですか?で、アイ・ディドゥント。過去の助動詞を前に出して否定形にして。オーダー・イットね。私はこれをたのんではいないぞ!っていう。『イットイズロング、アイディドゥント オーダーイット』。練習して。

安住紳一郎は、ホットドッグ屋で英語で注文した際に、通じなかったことがありました。

その後、安住紳一郎は英語をホテルで勉強し直したと話しています。

かなり勉強家ですね!(笑)

分からない英語に出会ったら調べる。

そして練習するというのは、大切ですね!

安住紳一郎の英語の受験勉強法は?

「安住紳一郎」の画像検索結果

安住紳一郎の受験勉強法について調べてみました。

本当は寂しいのに、孤独に耐えながら勉強をしていた安住さん。
その寂しさは勉強法に現れたのである。

「架空のクラスメイト」を想像し、その子に教えるという形でノート・・・ではなくB5の便せんにメモを取っていたというのだ。

安住紳一郎は指定校推薦で大学に入った人を憎んでいます。

その理由は、自身が浪人の末に大学に合格した過去があるからです。

受験時代の安住紳一郎は暗い性格で、寂しいのを紛らわせるために、架空のクラスメイトと一緒に勉強していたと話しています。

その時のメモが以下です。

『現在から未来を推量するのも当たり前すぎて問題ありません。
それから、こういうのも案外やさしいんです。
「私は彼が病気かもしれないと思った。」”I thought that he might be ill.”
とかいうのも、時の一致で”may”が”might”になっているだけでいい。過去に思っていることだから。
「その時、彼は病気であるかもしれないと思った」ということだから、過去から過去を推量する。過去形助動詞+原形でいいんですね』
って書いてます(笑)。

語りかける口調で英語の勉強を教えています(笑)

ちょっと怖い勉強法ですが、覚えやすそうです(笑)

今後、安住紳一郎の英語を聴くのが楽しみですね!

それではHave a nice day!!