村主章枝の英語力は?英語の発音は?英語勉強法は?

スポーツ選手

今回は村上章枝の英語力について紹介したいと思います。

村主章枝のプロフィール

「村主章枝」の画像検索結果

生年月日:1980年12月31日
出生地:千葉県千葉市
身長:157㎝
体重:44㎏

村主章枝の英語力は?

「村主章枝」の画像検索結果

村主選手はパイロット客室乗務員の両親の元に生まれ3歳から5歳をアメリカのアラスカ州で過ごしました。
帰国子女で英語が堪能。
荒川静香さんが一般家庭に育ち衣装や遠征代の工面が大変だったそうですが、
村主さんは教育熱心で豊かな家庭に育ったうです。
大学は荒川さんと同じ早稲田大学教育学部に自己推薦で入学してます。
ロシアやアメリカに渡り外国人コーチに教わった経歴も多く、
日本人スケート選手としてはトップレベルの英語力。

村主章枝は、3歳から5歳までアメリカで暮らしたので、幼少期からある程度の英語力があったんですね。

お金持ちの家で、英語の勉強にも力を入れていたんですね。

 

村主章枝の英語の発音は?

「村主章枝」の画像検索結果

以下、村主章枝の英語の発音にについての記事です。

振付師ローリー・ニコルに、「(初めて振付を依頼した)15歳の頃は、あなたは英語がしゃべれなかったから、身振り手振りで大変だったのよ」と言われる・・と話していたことからも、子供の頃の経験よりも、本人の勉強によって英語を習得したという面の方が大きいはず。
あと、「L」と「R」が難しいと言ってた。

村主章枝は、15歳の頃は英語が話せなかったんですね。

ただ、話せないといっても、流暢さがなかっただけではないかなと思います。

LとRの発音は、日本人が苦手する発音の一つですが、帰国子女の村主章枝も苦手だったんですね。

 

村主章枝の英語勉強法は?

「村主章枝」の画像検索結果

村主章枝は、安藤美姫と並んで英語ができるフィギュアスケーターと言われています。

→【関連記事】安藤美姫の英語とロシア語は?英語の文法発音は?英語勉強法は?

村主章枝は帰国子女!

「村主章枝」の画像検索結果

村主章枝は、幼少期に外国で生活しました。

3歳から5歳まで家族とともに米国アラスカ州で過ごした村主章枝さん。アラスカでスケートと出会うものの、選手としての強い自覚が生まれたのは、中学3年生という遅いスタートだったといいます。

村主章枝の父親は、パイロット。母親は、CAです。

父の仕事の関係で3歳から5歳までアラスカのアンカレッジに住んでいました。寒いアラスカですから、やはりウィンタースポーツが盛んで、家族とよくスキーやスケート、それと、ちょうどローラースケートが流行っていた頃で、ローラースケート場なんかにも行ったりしました。

通っていたのは地元の幼稚園です。幼かったのではっきりと覚えていないこともあるんですが、母によると、1年目は英語がうまくしゃべれず苦労もしていたようですが、2年目には自分の気持ちなどもはっきりと伝えられるようになっていたようです。

外国人の友達とはアメリカの童謡なんかを一緒に歌っていたのを思い出します・・・

これからも村主章枝の英語を聴くのが楽しみです。

それではHave a nice day!!