Toshlの英語力は?洗脳騒動の発端は英語が原因?

歌手

今回はX JAPANのToshlさんについて英語力を中心に紹介したいと思います。

  • 本名:出山 利三
  • 別名:TOSHI Toshi ToshI 龍言とし
  • 生年月日:1965年10月10日
  • 出身地:千葉県館山市
  • ジャンル:J-POP ロック ヘヴィメタル
  • 担当楽器:ボーカル ギター ピアノ
  • 活動期間:1977年-

 

本名の出山利三って凄い田舎者感(笑)

 

別名が多くあるのはYOSHIKIと同じ理由で、曲調によって名前を変えているからです。

年も出身地もYOSHIKIと同じですね!

因みにYOSHIKIは公式プロフィールだと年や出身地は非公表なんですが、ToshIが公表しているのでバレてしまっているみたいです(笑)

→【関連記事】YOSHIKIは英語ペラペラ?英語インタビューの発音・勉強法は?

ToshlさんとYOSHIKIは幼稚園からの幼馴染なんだって。

中学とか高校から友達で芸能活動されている方って多いですけど、幼稚園からってこの二人以外聞かないですよね!!

担当楽器はYOSHIKIよりちょっと少ないんですね!

 

Toshlの英語力は?

Toshlの英語は上手いのでしょうか?

Toshlの英語の発音は、日常会話では問題ないそうですが、歌うと日本人訛りが出てしまうという情報がネットにありました。

しかし、現在はアメリカで生活するようになって十数年経ってますし、Toshlさんは英語の勉強もされているので現状は問題ないでしょう!

ただ、Toshlさん以上に英語の勉強に打ち込んだYOSHIKIさんですら、ネイティブレベルの英語には到達出来ていません。

なので、Toshlさんがネイティブレベルの英語力を身に着けるのはまだ練習量が足りないかもしれません。

Toshlさんはお金持ちでしょうからそれなりの英語の先生をつけていると思います。

しかし、それでもネイティブレベルの英語力をつけることは難しいことなんです。

一般人がネイティブレベルの英語力を身に着けるのは並大抵ではないことがわかりますね!

 

Toshlの洗脳騒動の発端は英語が原因?

Toshlさんの洗脳騒動の発端は英語力が原因だったという私の見解です。

まず、Toshlさんの洗脳騒動についてご説明した後、洗脳騒動の原因が英語であることについて話したいと思います。

 

Toshlの洗脳騒動

Toshlさんは一時期心が弱っている時期がありました。

その時にToshlさんの元嫁守屋香さんにホームオブハートという自己啓発セミナーに勧誘されました。

そこでToshlさんはMASAYAさんと出会いました。

MASAYAさんは心が弱っていることをいいことにToshlさんを言葉巧みに時には暴力や拉致をしてToshlさんを洗脳しました。

この洗脳には元嫁守屋香さんも加担しており、Toshlさんに対し罵倒や暴力を繰り返しました。

この洗脳によってToshlさんはX JAPANを脱退、洗脳が解けるまでの十年間に上納金として15億円以上ホームオブハートに貢ぎました。

さらに元嫁守屋香さんはMASAYAさんと出来ており、Toshlさんの元には殆ど帰りませんでした。

Toshlさんは元嫁守屋薫さんがMASAYAさんと出来ていること。

あれだけX JAPANのこと罵倒していたMASAYAさんが金のためにX JAPANを復活させろと言ってきたことに矛盾を感じ、洗脳が解けました。

洗脳が解けた後、Toshlさんはホームオブハートに金を全部取られ、自己破産を経験しています。

元嫁守屋香はToshlさんと出会う前からMASAYAと知り合いだったいう噂もあり、計画的な結婚だったとか言われています。

 

洗脳騒動は英語が原因?

私はToshlさんの洗脳騒動の大きな原因は英語だと思っています。

理由はToshlさんの著書「洗脳」にあります。

(「洗脳」27ページより)

歌声,リズム,ピッチ,感情などの要求に加え,何よりも僕を悩ませたのは,英語の発音だった.
YOSHIKIはネイティブな発音にこだわった.が,僕は発音以前のYOSHIKIの要求にも応えられないのに,さらに英語の発音をパーフェクトにすることなんて到底無理だと思っていた.
そんな僕に全米でも有数の発音矯正のスペシャリストを付けてもらい,レッスンを受けながら完璧な英語発音の歌にトライしたものの,やはり満足のいく結果は得られなかった.
いくら環境を整えてもらっても,本人に真のやる気がなければ,壁は越えられない.

ここから英語ができないことが、Toshlさんを苦しめていった大きな原因でであると言えます。

ToshI洗脳騒動について

Toshlさんは、音楽プロデューサーであるYOSHIKIさんの要求に応えられないことで、心が弱りました。

ToshlさんにとってYOSHIKIさんは音楽プロデューサーであるとともに幼馴染でもあります。

だから、要求に応えないといけないと頑張る気持ちと複雑な気持ちが併存していたんだと思います。

そんな時に限って悪い奴等に目を付けられやすいんですよね。

魔が差すというか、判断が狂うというか、、

いつもなら絶対騙されない怪しい話でも、人間は精神状態の如何によって間違いを犯してしまうんですね!

Toshlさんはこの事件を胸に今後も表現者として、活動していくと言っています。

誰しもが、「あー、なんでこんなことしてしまったんだろう」っていう経験ありますよね。

でも、過去には戻れない。

だから、少しでもこの失敗を生かそう次に繋げようってマインドって苦しいけど凄い大切ですようね。

この連続がより良い人生に繋がっているのかもしれませんね。

それではHave a nice day!!

コメント