カルロス・ゴーンの英語力・発音が衝撃で語学堪能過ぎた件!国籍複数の理由

実業家

今回は日産の元会長カルロス・ゴーンについて紹介します。

カルロス・ゴーンの英語力が衝撃で語学堪能過ぎた件!

「カルロすごーん ミスタービーン」の画像検索結果

日産退任となったカルロス・ゴーンの経歴、学歴とともに、語学力について紹介します。

カルロス・ゴーンは語学力が堪能で、6ヶ国語が話せると言われています。

話せる言語は以下のとおり。

  1. 英語
  2. フランス語
  3. アラビア語
  4. ポルトガル語
  5. スペイン語
  6. 日本語

なぜ、カルロス・ゴーンは6つの言語を話せるのでしょうか?

その理由はカルロス・ゴーンの経歴、学歴にありました。

カルロス・ゴーンはブラジルで生まれ、幼少期はブラジルで育ちました。

ブラジルの公用語はポルトガル語ので、話せるようになったんですね。

中学校から、カルロス・ゴーンは父親の母国レバノンのベイルートで、生活しました。

「レバノン」の画像検索結果

因みにカルロス・ゴーンは両親ともレバノン人ですが、カルロス・ゴーンの嫁もレバノン人です。

レバノンの公用語はアラビア語なので、カルロス・ゴーンはアラビア語を話せるようになりました。

レバノンは公用語ではありませんが、フランス語が普及しているので、カルロス・ゴーンはフランス語も話せるようになりました。

高校からはフランス・パリに移り住み、カルロス・ゴーンは、フランスのパリ高等鉱業学校を卒業しています。

フランスの高校を卒業したカルロス・ゴーンはフランス大手のタイヤメーカーであるミシュラン社に18年間勤務します。

カルロス・ゴーンはミシュラン社で好成績を収めたことにより、ルノーの上席副社長としてスカウト受けました。

1999年3月倒産の危機にあった日産は、ルノーと資本提携をむすぶことになります。

1999年6月にカルロス・ゴーンは、ルノーでの上席副社長としての地位を残したまま、日産自動車の最高責任者に就任しました。

「カルロスゴーン 日産」の画像検索結果

ここで、日本に来た、カルロス・ゴーンは日本語を学んだと言われています。

カルロス・ゴーンは、アラビア語とフランス語、英語、スペイン語、ポルトガル語の5言語を話せる。日産自動車の社員に対して自らの肉声で語りたい時は、敢えて日本語で演説するようにしている。

日本語で日産の社員をたまに驚かせるのだとか。ゴーン氏の日本語力はそれほど高くないとされ、流暢レベルではないけれども、ときたま日産の社員にも簡単な日本語を話したりもするそうだ。

カルロス・ゴーンの日本語はあまりうまくはないようです。

発音も片言なのでしょうね。

ただ、社員に話しかける時は意識的に日本語で演説することもあるということです。

英語に関してはビジネスマンとして働く以前自然に身についていました。

フランスで英語を学んだのかもしれません。

カルロス・ゴーンの英語に対するネットの反応

カルロス・ゴーンの英語はフランス語訛りみたいだね。

 

カルロス・ゴーンは国籍は3つ

「カルロすごーん ミスタービーン」の画像検索結果

カルロス・ゴーンは3つの国籍を持っています。

レバノンとブラジルとフランスの多重国籍を有する。

世界をまたにかけて仕事をする上で、複数国の国籍を持っていた方が、仕事がしやすいのでしょうね。

カルロス・ゴーンはミスタービーンに似てる?

「カルロすごーん ミスタービーン」の画像検索結果

カルロス・ゴーンは、イギリスのコメディ俳優のミスタービーンに似ているとネット上で話題になっているので、調べてみました。

以下の写真にはカルロス・ゴーンとミスタービーンが紛れ込んでいます。

確かに似ていますね!

カルロス・ゴーンはレバノン出身で、ミスタービーンはイギリス出身なので、兄弟ではありません。

それではHave a nice day!!