浅野忠信の英語力は?英語の発音は?英語勉強法は?

モデル

今回は浅野忠信について英語力を中心に紹介したいと思います。

本名:佐藤 忠信(さとう ただのぶ)
生年月日:1973年11月27日
出生地:神奈川県横浜市
身長:179㎝
活動期間:1990年-

 

浅野忠信の英語力は?

浅野忠信の英語力についてYahoo!知恵袋に質問・回答がありました。

以下、質問です。

浅野忠信は英語話せないのにハリウッド映画が次々と決まります。

バトルシップはオーディションではないそうです。

浅野忠信のハリウッド出演はアカデミー賞外国語映画賞候補になったMONGOLへの出演が大きいそうです。

しかし、英語はある程度話せて役に合う人をキャスティングするべきではないのですか?

確かに、浅野忠信は英語があまりうまくないのにもかかわらず、ハリウッド映画によく出ていますね。

不思議です(笑)

以下、回答です。

これは完全にわたしの主観的な意見ですが、彼の雰囲気が良いアジア系の雰囲気を持っているからではないでしょうか。

英語はある程度話せるべきですがセリフ練習でカバーできると思います。
役に合う人をキャスティングするべきっていうのはキャスティングする人によるとしかいえません。質問者さんがミスキャスティングだと思ったとしても、世間受けや興行収入に問題なければグッドキャスティングだったんでしょう。

浅野忠信はアメリカ人のクオーターですが、目が典型的な日本人です。

一重瞼です。

そのため、アメリカ人の役ではなく、アジア人の役ばかりですね。

浅野忠信はアジアの雰囲気を持っているという意見は頷けます。

 

浅野忠信の英語の発音は?

浅野忠信の英語の発音について調べてみました。

浅田忠信の英語の発音についてはYahoo!知恵袋に質問・回答がありました。

浅野忠信の英語の発音や演技は海外ではどう評価されているのですか?

ソーシリーズや、沈黙などで。

以下、回答です。

少なくとも日本における来日した中国人シェフ程度、もしくはそれ以下でしょう。英語と米語の違い州による訛りの違いとか日本より遥かに広いですから津軽と博多の人が会話するより凄いですから

浅野忠信の英語の発音はあまりうまくないようですね。

そのため、浅田忠信はハリウッド映画に出た時も英語を話さない役が多かったです。

しかし、浅野忠信が英語を勉強し始めたのは中年になってからですから、無理もないと思います。

浅野忠信の沈黙での英語の発音は?

浅野忠信は、通訳の役を演じています。

日本人としては英語は上手な部類に入るのかも知れませんが、実は浅野忠信の英語はハリウッドではあまり人気がありません。

理由は英語のセリフが全て棒読みで、感情がこもっていないからです。

『沈黙』で浅田忠信は、通訳の役柄を演じました。

通訳に選ばれるくらいなので、下手な発音ではありません。

浅野忠信のハワイでの英語の発音は?

第35回ハワイ国際映画祭で浅野忠信と広末涼子が受賞!

ハワイには行きましたが、特に英語は話していない模様。。。

浅野忠信のバトルシップでの英語の発音は?

浅野忠信は、2012年に公開されたハリウッド映画「バトルシップ」で自衛官役を演じたことが記憶に新しいのですが、このときの英語もあまり評判が良くありませんでした。

映画『バトルシップ』では浅野忠信の英語を話すシーンはなし。。。

浅野忠信のマイティソーでの英語の発音は?

英語力は問題ないのではないでしょうか。英語に問題があればこんなに起用しないですからね。ひょっとして英語微妙疑惑はガセネタみたいですね。

マイティソーでの浅野忠信の英語はGOOD!

 

浅野忠信の英語勉強法は?

浅野忠信の英語勉強法について調べてみました。

気になる浅野忠信さんの英語の勉強法ですが、「最初の1年間は、中学校の英語の教科書を毎日1時間音読し、全部で500回くらい繰り返す」という方法です。

この勉強法は、友人から教わったそうですが、嫌になりますが、その分、英語も上達します。

かなりスパルタな勉強法ですね。

しかし、英語のフレーズがたくさん覚えられる学習法なので、とてもいいと思います。

日本の義務教育では、英語を文法から教えますが、本来は、英会話から始めるのが良いと言われています。

むちゃくちゃな文法でもいいから、とにかく最初は、英語のフレーズを使いまくることが重要です。

浅田忠信の英語勉強にきっかけは?

浅野忠信の英語勉強浅野忠信の英語勉強のきっかけは映画『マイティー・ソー』への出演だと話します。

浅野自身が英語を習得する必要性を強く感じるようになったのは、『マイティ・ソー』(2011)への出演がきっかけだった。

ヨーロッパの映画祭やアジアでの映画撮影ではみな母語が英語ではないとあって適当な英語でも通用したが、アメリカは英語の国。

「それまでも適当な教材ばっかり買って……ということは繰り返していたのですが、『マイティ・ソー』でアメリカに行ったときに、今までの適当な英語なんて全然通じないなと、本気の英語を話さないとこの先はないんだなって思ったんです。

そこから少しずつ始めて、ある程度自分でこのやり方でやろう、っていうやり方で続けているのは5年前からです」と本格的に学習を始めた。

浅野忠信はアメリカに仕事に行ったときに自分の英語のできなさを痛感しました。

そして、英語ができないことで自分の仕事の幅が狭まっていることに気づいたんですね。

ここから、浅野忠信は英語を本格的に勉強し始めました。

浅野忠信が英語の勉強を勧める理由!

浅野忠信は英語の勉強を多くの人に勧めています。

「人のことは言えないですけど、英語を勉強した方がいいですね(笑)。

これはこの仕事に限らず、日本の子供たちがずっと言われていることだと思うのですが。例えば中国語でもいいのですが、もう一つの言語を身に付けて損はないと本当に思います」と真っ先に外国語習得の重要性を挙げた浅野。

中でもカンヌ映画祭しかり、国際映画祭で共通言語として話されているのは英語。

そこで自分で話ができると、海外の人たちと仕事をする機会も広がってくるといい、「結構ほかの俳優さんにも聞かれますけど、そこを強くプッシュしています。

英語を勉強してください!」と力を込める。

浅野忠信は自身が英語を習得してから、語学の大切さに気付いたと話します。

英語が話せることで日本以外の国の人とコミュニケーションを取ることができ、日本では知ることのできなかった価値観や情報を知ることができます。

これからも浅野忠信の英語を聴くのが楽しみですね。

それではHave a nice day!!