出川哲郎の英語力は?英語が話せる?英語の発音は?英語勉強法は?

お笑い芸人

今回は出川哲郎について英語力を中心に紹介したいと思います。

出川哲郎のプロフィール

「出川哲郎」の画像検索結果

本名:出川 哲郎(でがわ てつろう)
ニックネーム:哲っちゃん キレたナイフ ヨシダマセキ
生年月日:1964年2月13日
出身地:神奈川県横浜市神奈川区
身長:160㎝
最終学歴:横浜放送映画専門学院演劇部
同期:ウッチャンナンチャン 今田耕司 ダチョウ倶楽部 中山秀征
活動期間:1985年-

 

出川哲郎の英語力は?

「出川哲郎」の画像検索結果

出川哲郎の英語力について調べてみました。

出川哲郎の英語は流暢ではありませんし、ボキャブラリーも少なく、英語が話せる芸能人とは言えないように感じます。

しかし、出川哲郎から英語を話す上で大事なことが学べます。

それは、英語が上手くなくても身振り手振りでガンガン英語を話しまくる「出川イングリッシュ」です。

出川哲郎は目を見て話す!

「出川哲郎」の画像検索結果

出川哲郎は英語がペラペラに話せないにも関わらず、外国人の目を見て、自分の意思を伝えようとしています。

本人は知っててやっているのか分かりませんが、目を見て話すことは「僕はあなたの話を聞いてますよ」というメッセージになり、相手から好意を持たれやすくなります。

良い印象を与えているんです。

相手の目を見て話すことで、相手に好印象を与えられますね。

また、相手にも自分の話を聴いてもらいやすくなります。

日本人は目を見て話せなかったり、顔に手を当てて話す癖を持つ人が多いんです。

実際に自分が話しているところを想像してみてください。

・チラッとしか相手の目を見れない

・目が合うと逸らしてしまう

・頬に手を添えて話す

・口元を手で覆う。

日本人にありがちな行動ですね。

英語を話すときは堂々とした態度で英語を話しましょう。

出川哲郎はボディランゲージを使う!

「出川哲郎」の画像検索結果

出川哲郎はリアクション芸人であるため、ボディランゲージでの意思表示が得意です。

英会話において、体を使って表現することはめちゃくちゃ大事です。

反対に体を使わなければ、意思表示をしていないように見られてしまいます。

相手に自分の意思を伝えるためにも、ボディーランゲージは必要なんです。

外国人は英語を話すときに、身振り手振りをつけて表現していますよね!

出川哲郎は言葉だけでなく、体でもコミュニケーションを図り、相手に自分の意思を伝えようとしています。

 

出川哲郎の英語の発音は?

「出川哲郎」の画像検索結果

出川哲郎の英語の発音について調べてみました。

出川哲郎の英語はかなり日本人訛りの強い発音です。

かなりひどい発音ですが、ボディランゲージや目を見て相手と堂々と話していること意思疎通出来ています。

 

出川哲郎の英語勉強法は?

「出川哲郎」の画像検索結果

出川哲郎の英語勉強法について調べてみました。

出川哲郎が進研ゼミの英会話オンラインの記者会見に出演している動画が見つかりました。

出川哲朗、千葉雄大のウインクにメロメロ「俺をどうするつもりだ?」 ベネッセ『進研ゼミ』新CM発表会

出川哲郎は英語を生で聴くことの大切さを語っています。

出川哲郎は何度もつぶやくことで英語を暗記!

「出川哲郎」の画像検索結果

出川哲郎は知らない単語や長文の英語を聞くと、忘れないように何度も口ずさんでいます。

口ずさむと言うより、大声で言いながら歩いてますけど。

何度も同じ英語フレーズを口ずさむという勉強法はとても有効です。

また、口で唱えながら歩くことは脳を活性化し、より記憶を定着しやすくさせます。

哲ちゃんが行っている動作はシャドウイング(復唱)と言います。

発音やイントネーション、英会話のリズムを掴むのにとても効果のあるトレーニングなんです。

誰かが話したことを復唱するだけなんですが、文章が長ければ長いほど難しい。

彼も長い言葉は何度も聞き直していました。

出川哲郎が行っている英語の勉強法は、シャドウイングというものです。

シャドウイングは普段生活に取り入れやすい英語勉強法ですね!

出川哲郎は海外で英語を勉強?

「出川哲郎」の画像検索結果

出川哲郎と言えば、『世界の果てまで行ってQ』で海外でよく英語を話しています。

進研ゼミが、外国人の教師とマンツーマンオンラインレッスンで英会話の勉強ができるシステムを導入したことを知ると「ベネッセさんは、よくそこを攻めたなと。やっぱり、生の外国人の先生の声を聞かないと、英語なんてなかなかできませんから」と力説。

日本人の先生もスゴいんですけど、現地の人は生まれた時からの発音で、全然違います。僕は世界各国に行って、現場の声を聞いていますから。英語は教室じゃないんだ、現場なんだ」と、どこかで聞いたようなフレーズで熱く訴えた。

出川哲郎は、英語の勉強は実際に海外に行ったり、外国に会って、生の英語を聴くことが重要と言っています。

留学やネイティブ講師との英会話をすることの大切さを語っています。

今後、出川哲郎の英語を聴くのが楽しみです。

それではHave a nice day!