藤原さくらの英語力!英語の発音下手疑惑!英語の曲は?高校で勉強?

歌手

今回は歌手の藤原さくらの英語力について紹介したいと思います。

 

View this post on Instagram

 

藤原さくらさん(@mammothsakura)がシェアした投稿

  • 生年月日:1995年12月30日
  • 出身地:福岡県福岡市南区西長住
  • 活動期間:2013年-

藤原さくらの英語力

 

View this post on Instagram

 

藤原さくらさん(@mammothsakura)がシェアした投稿

藤原さくらの英語力について調べてみました。

藤原さくらさんの英語の発音がすばらしいということはお話しました。

歌詞についてですが、まだリスナーに対しての分かりやすさを求めてなのかは不明ですが、かなりシンプルな英語が多いなという印象です。

単語の難易度が高くないものが多く、高卒の人であれば十二分に理解できる内容となっています。

つまり、発音はすばらしいが、英語の語彙力という点においては、まだ未知数といったところだと思います。

本場の人が難しい英語を使っているかといえば謎ですが、英語力という観点で見ると、語彙力に伸びしろがあるように感じました。

また父親の影響でビートルズのポールマッカートニーが好きなんだとか。

確かに藤原さくらの英語の曲はかなりシンプルな英単語を使うものが多いです!

わかりやすい英語の曲は英語の勉強になりそうですね(笑)

また、藤原さくらはビートルズが好きなんですね!

藤原さくらは英語話せる?

 

View this post on Instagram

 

藤原さくらさん(@mammothsakura)がシェアした投稿

藤原さくらの英語を話せるのかについて調べてみました。

藤原さくらさんの曲って英語の曲が多いですよね。

帰国子女なの?と思っている方もいるほど発音が上手です。

その秘密は小さいころからビートルズトッド・ラングレンを聴いて育ったため、英語の歌が体に染み込んでいるんだそうです。

詞先行で歌を作る場合は日本語で歌詞を書くそうです。

曲先行の場合はコード進行やギターピッキングなどを重視して作るため自然に英語なるんだそうですよ。

藤原さくらは帰国子女ではないようです。

しかし、幼少期から洋楽を聴いたから英語の発音が上手いのですね!

藤原さくらさんは英語が話せるか?ということですが、これだけ洋楽を聴いて英語に耳が慣れ親しんでいるのですから、簡単な会話ならできるんじゃないかと思います。

残念ながら今の所動画などで確認できるものがないので、ぜひ今後海外でライブを行って、英語でMCしてみて欲しいですね!

藤原さくらが英語の曲、歌以外で英語話している動画はまだないようです。

しかし、これだけ英語のの曲を歌っているので、今後テレビやラジオで、藤原さくらの英会話が聴けるかもしれません。

藤原さくらは英語話せない?

 

View this post on Instagram

 

藤原さくらさん(@mammothsakura)がシェアした投稿

藤原さくらは英語が話せない?について調べてみましたが、そういう記事は見当たりませんでした。

『walking on the cloud』とかは全編英語の曲で発音も上手いので、話せそうですよね。

藤原さくらって英語の曲はあるんですが、英会話をしている場面が今までないので、英語を話せないという証拠がないんですよね。

 

藤原さくらの英語の発音

 

View this post on Instagram

 

藤原さくらさん(@mammothsakura)がシェアした投稿

藤原さくらの英語の発音について調べてみました。

藤原さくらの発音は上手いという意見や記事が多かったです。

英語の発音はかなりいいですよね。

英語ネイティブの人が歌っていると言われてもまったく違和感が無いレベルだと個人的には思います。

実際、youtubeなどのコメントにも藤原さくらさんの英語の発音のうまさを褒めるコメントもたくさんついていたりします。

ノラ・ジョーンズケイト・ラズビーなどを好んで聞くというだけあって曲調や歌い方もかなり影響を受けていますよね。

日本の歌手だと、同じくシンガーソングライターであるYUIさんのファンでYUIさんにも多大な影響を受けているとのこと。

藤原さくらの英語の発音はネイティブと遜色ないレベルとも言われています。

 

藤原さくらの英語の曲の発音は?

 

View this post on Instagram

 

藤原さくらさん(@mammothsakura)がシェアした投稿

藤原さくらの英語の曲について調べてみました。

藤原さくら – Walking on the clouds

藤原さくらの『walking on the cloud』という全編英語の曲です。

以下、藤原さくらの英語の曲の発音についての記事です。

全編英語の歌詞で歌い上げているこの曲。

カントリー調の曲で、まだ幼い女の子が年上の男の人に恋をする様子を描いた歌だと思われます。

目を閉じて、藤原さくらというアーティストが歌っていると知らない状態でこの曲を聴いたとき、私は普通に洋楽だなと感じました。

特に”r”や”L”の使い方が非常に上手く、歌唱力にも繋がるのですが、語尾の扱い方が上手いなと感じました。

藤原さくらの英語の曲での発音は上手いということが分かったけど、どうやって英語を勉強したのかなあ?

藤原さくらは英語勉強法

英語の曲が多い藤原さくら。

発音がイイと言われていますが、どうやって英語を勉強してきたのでしょうか?

藤原さくらの英語勉強法について調べてみました。

藤原さくらは幼少期から洋楽を聴いていたこともあり、英語のリスニングは長年行ってきたようです。

本格的に英語を勉強し始めたのは高校時代からです。

藤原さくらは高校で英語を勉強

 

View this post on Instagram

 

藤原さくらさん(@mammothsakura)がシェアした投稿

彼女の通っていた高校は福岡市立福翔高等学校というところで、偏差値でいうと60ないぐらいのところです。

ちょっと高いくらいですかね。特段高いというわけではないのですが、あそこまで英語が上手いとなると凄まじい努力をしたのでしょうね。

藤原さくらの高校が特別、英語に力を入れている高校というわけではないようですね!

藤原さくらは高校時代から英語で作曲?

 

View this post on Instagram

 

藤原さくらさん(@mammothsakura)がシェアした投稿

藤原さくら高校時代から作曲を始めていました。

しかも、日本語ではなく、英語で!

本人のツイッターによると英語が完璧になるのを待たずにどんどん作詞や発音などをしていったとのこと。

実践派だったのですね。

日本人は完璧に英語を使えるようになってからではないと、話したがらない、なので中々上達しないという話を聞いた事があります。

藤原さくらさんはそうではなく少し使えるようになった段階でどんどん使っていった、それが英語力の著しい成長につながったと言えそうです。

高校時代にはもう既にミニアルバムを何枚も作っていたという話もありますし、本当に努力家なんでしょうね。

高校時代に作曲をしたことがある人はいるとは思いますが、英語で作曲ってハードル高そうですよね。

藤原さくらは高校時代から作曲を通じて英語を勉強していたのですね。

藤原さくらは洋楽を聴いて英語を勉強

 

View this post on Instagram

 

藤原さくらさん(@mammothsakura)がシェアした投稿

藤原さくらは幼少期から洋楽を聴いていました。

幼少期に英語に触れることは、かなりその後の英語の学習スピードとか発音に影響すると言われていますよね。

藤原さくらはノラ・ジョーンズ、ビートルズ、ケイト・ラズビーなどを好んで聴いていたようです。

特にノラ・ジョーンズが大好きで、「和製ノラ・ジョーンズ」として紹介されることもあります。

これからも藤原さくらの英語を聴くのが楽しみです。

それではHave a nice day!!