ミッツマングローブは英会話できる?英語力は?英語の発音は?英語勉強法は?

タレント

今回は女装家のミッツマングローブについて英語力を中心に紹介したいと思います。

ミッツマングローブのプロフィール

「ミッツマングローブ」の画像検索結果

本名:徳光 修造
生年月日:1975年4月10日
出身校:慶應義塾大学
身長:182㎝
配偶者:未婚

 

ミッツマングローブは英会話ができる?英語力は?

「ミッツマングローブ」の画像検索結果

ミッツマングローブは英語が話せるようです。

しかも、結構堪能なんだとか!

ミッツマングローブは通訳をしていた?

「ミッツマングローブ」の画像検索結果

ミッツマングローブは、イギリス留学経験があり、その経験を生かして通訳として働いていた時期があると話しています。

大学を卒業して再び渡英し、イギリスの大学で3年間商業音楽について学びました。日本に帰国したのは1999年の冬。帰国当初は頭の中が「英語脳」で、日中は派遣で通訳のシゴトをしていました。通訳は、英語と日本語をただ訳すればいいだけじゃあ、ないんです。特に、ビジネスの交渉ごとのような切迫した場面では、慎重な言葉選びが必要です。相手の真意を瞬時に理解し、ニュアンスまでしっかり伝えることが「通訳」。気転が効く人じゃないと務まらないんです、ホント。

通訳するということは相当英語が話せる、英語が力がない無理です。

また、英語圏のニュアンスや生活習慣や流行等に詳しくないと、例えや比喩表現をうまく通訳できません。

ミッツマングローブが通訳として働けたのは、3年間のイギリス留学で培った英語脳があったからでしょうね!

 

ミッツマングローブの英語の発音は?

「ミッツマングローブ」の画像検索結果

ミッツマングローブの英語の発音について調べてみましたが、見つかりませんでした。

あまりメディアでも英語を披露していませんもんね。

ただ、数年間イギリスにいたので、イギリス英語なんだろうという予測がつきます。

「organize」を「organiseと」書いたりするかもしれないです(笑)

イギリス英語と日本でならうアメリカ英語でスペルとか発音とか違ったりしますもんね!

 


ミッツマングローブの英語の勉強法は?

「ミッツマングローブ」の画像検索結果

ミッツマングローブが英語が堪能だというのは、お話していきました。

次は、ミッツマングローブの英語の勉強法について調べてみました。

ミッツマングローブはなぜ、英語話せる?きっかけは?

「ミッツマングローブ 」の画像検索結果

ミッツマングローブが英語を勉強したけっかけについて以下のように話しています。

渡英して間もない頃、同学年の日本人の女の子とハンバーガーショップに立ち寄ったんですね。
注文ぐらいできるだろうと思って英語でオーダーしたら、「ハンバーガー」も「フライドポテト」もまったく通じなくて。
そしたら、見かねたその子が横からバーッと注文しちゃったんですよ。それにすごい敗北感を覚えて。

ミッツマングローブが英語を勉強するきっかけになったのは、英語が通じなかったという悔しさから勉強するようになったんですね。

ミッツマングローブは絵と音で暗記!

「ミッツマングローブ」の画像検索結果

ミッツマングローブは、暗記するとき、絵と音で暗記しています。

絵と音で暗記する理由は、自身に学習障害があるからだと以下のように話しています。

「量は全然多くないけど、セリフが覚えられないんです。ちょっと記憶の回路がおかしくて。実は私、学習障害なの」

学習障害とは、読む・書く・話す・計算などの特定分野で困難を伴うこと。ミッツの場合、暗記がそれにあたるという。

ミッツマングローブが、学習障害ってあまり知られていないですよね。

「暗記するときは“絵と音”で覚えるの。だいたい“絵”で頭に入るんですけど。教科書を覚えるときは、人物の顔に落書きをしたり、どこかに線を引っ張ったりして“自分用の景色”を作っていました。今も同じやり方で歌詞や台本を覚える。“自分用の絵”を頭の中に複写して、本番はそれを読んでいるんですよ」

セリフを言うタイミングも“絵”で覚えている。

絵と音で覚えるというのは、あまり聞かない暗記法ですね。

ミッツマングローブは、英単語や英文法も絵や音で覚えたのでしょうね!

 

ミッツマングローブは帰国子女でイギリスに留学していた!

「ミッツマングローブ 」の画像検索結果

5歳でイギリスに渡ったミッツ・マングローブは英語が堪能である。

ミッツマングローブは、イギリスのウエストミンスター大学に留学していたことがあります。

ミッツマングローブは、慶應義塾大学に入学後、再度イギリス留学でしています。

とにかくもう一度イギリスに住みたかったんです。というよりも、ロンドンに帰りたかった。きっと居心地がいいんでしょうね、私にとって。多感な時期を過ごした「地元」っていう感覚が強いんだと思う。そのときも、留学というよりは単純に「ロンドンに戻りたい」という気持ちでしたね。

ミッツマングローブが英語が堪能な理由は、イギリスで生活した経験があったからなんですね。

ミッツマングローブにとって、イギリスは地元だと話しています。

これからミッツマングローブの英語を聴くのが楽しみです。

それではHave a nice day!!