窪塚洋介の映画での英語力は?英語勉強法は?

俳優 

今回は俳優窪塚洋介について英語力を中心に紹介したいと思います。

窪塚洋介のプロフィール

「窪塚洋介」の画像検索結果

本名:窪塚洋介
別名義:卍LINE 空水 ヨースケ
生年月日:1979年5月7日
身長:177㎝
活動期間:1995年-

窪塚洋介は俳優として有名で、テレビドラマ『池袋ウエストゲートパーク』のキング役の印象が強いですよね!

窪塚洋介は俳優以外にも歌手としても活動しています。

その時は卍LINEという名義を使いレゲエを中心に歌っています。

そんな窪塚洋介、英語がペラペラだとか!

 

窪塚洋介の映画での英語力は?

「窪塚洋介」の画像検索結果

窪塚洋介はマーディンスコセッシ監督の『沈黙ーサイレンスー』という遠藤周作の小説『沈黙』が原作の映画に出演しています。

ポルトガル人の宣教師ロドリゴは日本に渡って布教活動をしていた師と仰ぐ宣教師が棄教したという知らせを受け、日本へと向かうことになります。

途中で出会った日本人・キチジローの案内で長崎に着港します。

江戸時代初期のキリシタン弾圧が厳しい状況の日本で、ロドリゴは自身の信仰心と対峙していくことに…。

この映画は原作は日本の小説ではありますが、海外作品になります。

窪塚洋介の役柄がキチジローです。

「窪塚洋介 キチジロー」の画像検索結果

窪塚が演じるキチジローは、マカオで出会った宣教師ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)らを長崎へ導く存在。

日本に到着した後も、苦悩の中で強く信念を貫こうとするロドリゴの対となるかの如く、人間の弱さを抱えた隠れキリシタンとして描かれています。

この映画でキチジローは英語をほとんどはなしていませんでした(笑)

だからこの映画で、窪塚洋介の英語力を測ることはできないですね。

ただ、海外に行ったときは英語を話しているようです。

 

窪塚洋介の英語勉強法は?

「窪塚洋介 英語」の画像検索結果

窪塚洋介は海外に行ったときに英語を使っているのは分かりました。

では窪塚洋介がどのように英語を勉強したのでしょうか?

窪塚洋介の英語勉強法について調べてみました。

窪塚洋介は海外で英語勉強?

「窪塚洋介 ジャマイカ」の画像検索結果

転落事故後、卍ラインとしての活動をメインに行って来た窪塚洋介さんはいろんな国に旅に出かけています。

その内容をまとめた本も多数出版しております。

そんな経験から英語は多少喋れるようです。ジャマイカに曲の編集へ向かった時の内容を語ったインタビューで、ジャマイカ人は日本人よりも優しくて、自分の拙い英語やパトワ語を話し終わるまで黙って聞いてくれる、ということを話ていました。

読書好きで知られる窪塚洋介さんですが、英語に関するコメントは少なく、勉強したというより現地人とコミュニケーションを計って身につけた線が濃厚です。

窪塚洋介さんは卍ラインとして音楽に乗せて吐き出すメッセージが一番自分の本心を語れているそうです。

 

窪塚洋介さんのインタビュー映像なんかを見ると、窪塚さんは人に何かを伝える際、とても慎重に言葉を選びます。

その性格ゆえに、今後英語でコメントを求められる機会などがあれば恐らくかなり深く勉強するのではないでしょうか。

しっかりと考えを伝えるために。

言語学習って勉強期間が長い分、その成長度合いはその人の性格や目的意識に起因するんですよね。

まあということで、窪塚洋介さんは多少英語を話せるそうです。

窪塚洋介の英語は映画『沈黙』のインタビューで聴くことができますが、あまり英語は得意でないようで、ほとんど話していません。

「Nice to meet you」と「i’m fumie master as Kichijiro.」くらいしか英語を話していません。

窪塚洋介は英語が多少は話せるようですが、まだまだペラペラではないようです。

窪塚洋介はVipabcで英語勉強?

「窪塚洋介 英会話」の画像検索結果

窪塚洋介はオンライン英会話「Vipabc」のCMタレントとして起用されています。

海外映画の出演も意欲的な窪塚洋介もVipabcで、英語を勉強しているようです。

今後も窪塚洋介の英語を聴くのが楽しみですね!

それではHave a nice day!!