SHELLYの英語力はペラペラ?なぜ英語話せる?英語の発音は?

タレント

今回はSHELLYさんについて英語力を中心に紹介したい思います。

スポンサーリンク

SHELLYのプロフィール

「シェリー」の画像検索結果

  • 生年月日:1984年5月11日
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 身長:164cm
  • デビュー:1999年
  • 事務所:スターダストプロモーション

 

スポンサーリンク

SHELLYの英語力はペラペラ?

「シェリー 英語」の画像検索結果

“私がSHELLYさんをテレビで初めてみたのはNHK教育テレビの『リトルチャロ』でした。ワンコが飼い主を探す冒険アニメでストーリー自体も面白かったですね。

そして流暢な英語を話すベッピンさんに「この人は誰だろう?」と思った記憶があります。

そうこうしているうちにSHELLYさんをバラエティー番組で見かけるようになり

最初はそのギャップに驚きましたね。(笑)”

ある番組でモデルの長谷川潤さんがSHELLYさんの英語力にかなり驚いていたそうです。アメリカで過ごした期間の方が少ないにも関わらず、自分が知らない英語の表現が飛び出すとか。

ハーフ芸能人で今一番人気!NHKワールドにも番組出演しています!お父さんはアメリカ人で会話は英語オンリー!生活環境がアメリカン!

SHELLYさんはアメリカ人の父親に鍛えられました。

海軍としての父親の背中を見て、一人暮らしも大学進学も自分の稼いだお金でするように厳しい教育で躾けられていたと言います。

家でも英語が飛び交っていたらしく、次女も海外に住んでいることから、かなり映画で出てくるようなアメリカンホームパーティのようになっていたと思います。

多分、アルバイトでも相当英語を使ったアルバイトをしていたと思います。

まして、今英語の番組に出演していることから、どんどん英語を鍛えるシーンが増えていると思います。

番組でもハリー杉山さんとアメリカ英語とイギリス英語の違いとか日本の英語教育の是非に問われたりと、タレントとしても、英語できるタレント位置づけにあります。

生まれもありますが、自分から英語力を伸ばそうとするその意気込みが良かったんじゃなかったでしょうか。

スポンサーリンク

なぜ英語話せる?

「シェリー」の画像検索結果

SHELLYさん。本名は明かされておりませんが、SHELLYという名前が本名だという話もあります。

1984年生まれの現在29歳ですね。

アメリカ国籍で父親がイタリア系アメリカ人で母が日本人のハーフ。お父さんはアメリカ海軍出身とのことで相当厳しいお方のようです。

SHELLYさんは3姉妹の末っ子ですね。

姉2人は現在長女がハワイ、次女がサンディエゴ在住とのこと。

SHELLYさんは姪と甥にデレデレなようで、大好きなアンパンマングッズを調達しては送っているとか。

“SHELLYさんは2歳で渡米し6歳(小学校1年生)からはずっと日本で暮らしています。神奈川県ですね。

日本に来た当初は米軍基地に住んでいたようです。

そして小学4年生までは日本のアメリカンスクールに通っていました。それまでは家でも学校でも英語が基本だったようです。

SHELLYさんのお父さんは17歳の頃海軍として日本にやってきて、18歳で今の奥さん(SHELLYさんのお母さん)と出会ったそうです。

ずっと男社会に生きてきた方なので女の子の扱い方がわからなかったそう。SHELLYさんは年頃の女の子が興味を示すことに全く無関心で、野球をずっとやっていたそうです。周りが男の子ばかりだったため、8番ライトという一番使えないと言われているポジションだったそうです。”

彼女の英語力はもって生まれた環境で凄く培われてきたものと思います。

野球をやっていたこともあって、男性的な性格をしていたこともあったでしょう。多分、男社会でやっていくために、アメリカ海軍出身のお父さんに、大分仕込まれたのでしょう。

「シェリー バイト」の画像検索結果

頭が良いということもあって、英語のスクールでも学生時代行っていたのではないでしょうか。

国際的にやっていけるようにと家庭的に父親が徹底したのではないでしょうか。

プライベートでも外国人と仲良く遊んで、インターナショナルな世の中で生きていけるよう自分からその方面に持って行ったと思います。

芸能人という選択肢はその時からは目的に無かったかもしれませんが、だんだん英語交じりの芸能人を目指し始めたんじゃないでしょうか。

それに両親が後押ししたっていう感じですかね。

スポンサーリンク

SHELLYが行った英語バイトの詳細 ネイティブ並?

「シェリー 髪型」の画像検索結果

シェリーさんは番組の企画で様々なアルバイトをしています。

3姉妹の末っ子とはいえ、厳格なお父さんから厳しく躾けられたからか、何でも卒なくこなしてしまうシェリーさん。

今回も、どんなアルバイトか知らされずにやって来るのですが、「多言語支援センター」と聞くと、通訳センターだとわかります。面接の際に面接官からものすごい速さで言われた日本語をものすごい速さで英語訳していくシェリーさんはとってもカッコイイです!

そして、面接官から「完璧ですね!」と褒められていました。

バイリンガルと言っても、シェリーさん程日本語も英語もきちんとしている人はいないかも知れませんね。

よく、並べて宇多田ヒカルさんも日本語と英語、同じレベルで話せると言われていますが、彼女はアーティストですし、アメリカ育ちで日本人のように何かをキチンとするという事が出来るのかちょっと疑問ですね。

素晴らしいものを見せていただきました!

nhkのリトルチャロという英語番組に出演してるくらい、英語関係での起用が半端ないです。

「シェリー リトルチャロ」の画像検索結果

英米の英語の違いや、アンタッチャブル山崎からの英語の返しに鋭く返したり、同じハーフタレントのベッキーとの比較で遜色無いレベルです。

音楽番組にも出演するSHELLYですが、怒ると英語でまくし立てるそうです。

ネイティブ力では、他をかなり引き離すようなSHELLYです。

ウエンツやベッキーと番組出演し、アメリカ文化などの違いを論ずる様は、とてもユーモアに満ちていてウィットです。

ユーモアに満ちた英語ですが、きっと番組よりももっと高いレベルを披露できるのでしょうね。

彼氏も外国人だったこともあったかもしれませんね。

スポンサーリンク

 SHELLYの英語の発音

「シェリー」の画像検索結果

そして小学4年生でSHELLYさんは日本語で授業を行う一般の日本の学校に転校します。

姉2人は既に中学生になっていたため、そのままインターナショナルスクールに通い続けたようですが、SHELLYさんは両親が話し合った結果、普通に日本語も運用できてまだ小学生だからという理由で転校が決まったようです。

日本語が達者だったのは母方のおばあちゃんと会話をしていたからだといいます。

日本の学校に入って全く違う文化の中でいろいろと戸惑いもあったようです。僕はとても理解できるのですが、例えば日本の学校では授業中に先生に当てられまいとコソコソするじゃないですか。

彼女はインターナショナルスクールに通っていたこもあり、アメリカ人と対等に渡り歩んでいたということになります。アメリカの大らかな英語にたじろぐこともなく、日本の学校として、頑張っていたと思います。

そんな彼女は多分、国際的にやっていく、父親の意向を汲み取っていたのではないでしょうか。

厳しい父親の元、頑張ってくらいついて、日本でインターナショナルにやっていくその意気込みが感じられます。

そんな彼女はアーティストとしても名を馳せており、外国人とのコミュニケーションは仕事に生かされています。

アメリカ混じりの英語がいいんでしょうね。

僕としても国際的な彼女を見習おうと思いますし、要チェックです。

スポンサーリンク

Shelleyの英語力に対する世間の反応

Shelleyは英語もできる上に面白いってことで大人気だね。

これからのSHELLYさんの活躍が楽しみですね!

それではHave a nice day!!

タレント
DMOをフォローする
スポンサーリンク
英語ペラペラな芸能人